HOME > 協会について > 会長挨拶

会長挨拶

日本タンナーズ協会会長 喜田邦男

日本タンナーズ協会会長 喜田邦男


 今、世の中には選ぶのに迷うほど多くの商品があふれています。つい100年程前までは、私達の身の回りには自然から得られる天然素材の商品が主体の、持続可能な(サステイナブル)循環型経済社会でした。20世紀になってから化学が進歩し、石油由来の素材が多数開発され、私達の生活は非常に便利に豊かになりましたが、それと共に色々な環境破壊も大幅に進みました。私達は、自然からのありとあらゆる命をいただいて生きています。その中に動物も含まれます。私達タンナーは不用になった動物の皮を、有用な革(レザー)に変える仕事をしています。しかし、その目的のために新たな命を奪うことはしていません。私共タンナーは、持続可能な循環型環境対応産業であると思っています。皆さんも革製品を使用することで、廃プラ消滅の意思を示してみませんか?
 当協会では日本産の良さを一般消費者に知ってもらうために、全国各地の百貨店とのコラボイベント「日本革市」を開催しています。また、レザー製品に使われている革が日本産であることをPRするためのロゴマークによる普及活動や、若い消費者向けに「革きゅん」サイトを立ち上げ、SNSによるPR活動も行っています。
 我々日本のタンナー(製革業者)は、消費者の皆様に喜んでいただけるような、安心・安全で高品質な日本の革を今後も作り続けて参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

令和元年6月