HOME > 革の豆辞典 > 革のことQ&A > Q&A 12

Q&A 12

Question

エナメル革製品のつやが少し消えてきました。なぜでしょう?

Answer

エナメル塗膜のつやが消える原因は大きく二つに分けられます。一つは塗膜の表面の変化によるもので、もうひとつは内部の変化です。表面の変化には

  • 太陽、蛍光灯などの光や熱による変化
  • 使用過程での細かいしわおよび擦り傷の発生
  • 手あか、汗など各種生活汚染物質の付着

などが挙げられます。

内部の変化としては本来革素材中に安定して存在するはずの動物油や下塗り塗料中の各種ワックス類がエナメル塗膜中に少しずつ移行することにより起こります。この結果、エナメル塗膜に不純物が入り込む状態となり、光沢が低下します。防止対策としては使用時のていねいな扱い、柔らかい紙や布での包装、シューキーパーによる型くずれの防止などで、擦り傷やしわの発生はある程度防ぐことができます。また、手あかや汗など各種生活汚染物質が付着した場合は、薄めた中性洗剤をつけた柔らかい布で拭き取ると良いでしょう。

| 革のことQ&A TOP |