HOME > 革の豆辞典 > 革のことQ&A > Q&A 11

Q&A 11

Question

爬虫類(トカゲやワニなど)革のバッグを購入しましたが、品質表示もなく、本物かどうか疑問です。
本物の見分け方を教えてください。

Answer

日本袋物協会では、爬虫類革のバッグに対して、自主的な品質表示規定を定めています。それによると、外面積の60%を超える素材を使用する場合、「ワ二」や「トカゲ」のように表示するようにしています。カバンやベルトでは、ワニやトカゲなどの革は、「通常生活の用に供する」家庭用品ではなく、贅沢品であり、また、識別が難しいので、品質表示の対象から除かれています。したがって、素材名が表示されていたり、紛らわしい名前がついていたり、また表示自体が成されていなかったりするのです。一般的に、爬虫類の模様をまねた革を作るには型押しをすることになります。型押しは牛革、豚革、床革やレザーボード等に、型板やロールで加圧し、動物の銀面模様の型をつけます。また、模様のついた塩化ビニールフィルム等を床革に張りあわせたものもあります。型押しであるかどうか、外観からのみでは簡単に識別できない場合が多いようです。ではどうしたら良いのでしょう。

  1. 模様が均−かどうかを見る
    動物は一匹ずつ個性があり、模様が均−すぎる場合は偽物です。
  2. 銀面模様の凹凸の様子を観察する
    革断面を顕微鏡で見ると、本物は凹凸が深く、本物でない場合は凹凸が浅いということがあります。

「2. 」は普通の家庭ではなかなか困難ですから、「1. 」を目安にすると良いでしょう。

| 革のことQ&A TOP |