HOME > 革の豆辞典 > 革のことQ&A > Q&A 9

Q&A 9

Question

革製品を使っているうちに、他の衣料などに色が落ちてしまうことがありますが、これはなぜでしょう?

Answer

色落ちの直接の要因は革の中の染料や顔料が他の繊維素材や革に移行する場合と、染色革の細かい繊維粉末の付着のふたつのケースがあります。前者は繊維などでみられる一般的な色落ちです。これは染料や顔料の、革との結合が弱いため他繊維を汚染してしまう場合です。また、後者はスエードやヌバックの起毛(バフィング)処理によって生じるバフ粉が最終まで残ってしまった場合です。

染色に関しては年々改善されていますが、革の色落ちを防止するには、革製品を水や雨に濡らさないことがまず重要です。.防止策として、着用前に市販の防はっ水スプレーの使用をおすすめします。乾燥の摩擦による色落ち防止策は、今のところよい方法がないので購入時に良く確認しておきましょう。汗やクリーニンクによる色落ちに対する消極的な対策としてはアクリル、アセテート、ポリエステルなどを使用して皮革用染料に染まりにくくする方法もとれます。起毛革の色落ちについてはブラッシングするか、クリーニング処理などによってバフ粉を除去できる場合もあります。

| 革のことQ&A TOP |