HOME > 革の豆辞典 > 革のことQ&A > Q&A 4

Q&A 4

Question

革衣料の専門クリーニングは高価なので、シーズン前に家庭で簡単に手入れする方法はないでしょうか?

Answer

シーズン中のこまめな手入れとシーズン後、保管前の手入れが必要です。汚れは時間を置く程取れにくくなり、カビ発生の原因になるからです。ただ汚れがひどい場合は別にしてシーズン終了ごとにクリーニングに出す必要はありません。軽い汚れはブラッシングや消しゴムタイプのクリーナーで落とすようにしましょう。水溶性の汚れは、濡らして硬くしぼったタオルなどで拭くと良いのですが、水で濡らしてもしみや色落ちが生じないことを目立たない部分で確かめておくことです。市販のクリーナーには消しゴムタイプ以外にも、ペースト、乳液、スプレータイプなどがあります。また、水溶性などの汚れを良く落とすもの、油性の汚れに効果があるものなど、いろいろな種類があります。良く確かめて汚れにあったものを使うようにしたいものです。
先にも書いたように、革の種類に合っているか、影響はないかなど、使用する前に目立たないところで確かめるのはいうまでもありません。表面がスムースな革で、手触りがかさかさしてきた時はレザーウエア用のクリームで油分を補給しておきましょう。靴クリームを代用するのは避けてください。他の衣服を汚してしまいます。無色のものもワックス分が多く、毛穴に白っぽく残るので避けた方が良いでしょう。手入れの後はカビの原因となる湿気を取り除くため、よく陰干ししてから収納しましょう。シーズン前には防水スプレーを使用して水や汚れから革を保護するようにすることです。

| 革のことQ&A TOP |