HOME > 革の豆辞典 > 皮革製品の手入れ方法 > 手袋

皮革製品の手入れ方法(手袋)

革素材別の手入れ

銀付革の場合

皮革製品の手入れ方法(手袋)

泥やホコリの汚れは、乾いた布で拭くか、ブラシをかけます。付着がひどい時は濡れた布で拭き、必ず陰干しにします。落ちにくい場合は指定のクリーナーを柔らかい布に付けて拭きます。部分的な軽い汚れは良質の革用消しゴムか、食パンの白い部分で軽くこすりとります。雨や雪で濡れた場合は、乾いたタオルで叩くようにして水分を吸い取り、風通しの良い場所で陰干しにします。

スエードの場合

泥やホコリの汚れは、硬めのナイロンブラッシングを強めにかけると、スエードの毛切れとともに汚れがとれます。毛が倒れ、テカテカ光ってきたり、ソフトな光沢が失われてきた時には天然ゴム系の特殊なブラシで擦るようにします。

洗濯の方法(ウォッシャブルな革のみ)

革のなかにはウォッシャブル革を使用し、家庭で水洗できるものもあります。洗剤はウ一ルや絹用の中性洗剤を使用します。ぬるま湯ですすぎ、タオルで包んで水分を取り、陰干しします。生乾きの状態になったら手にはめて軽く揉むようにして形を整えます。洗濯液につけたまま長時間放置すると、革の劣化がすすみ、弱くなることがありますので注意しましょう。

カビの手入れ

早期発見が大切です。銀付革はカラ拭き、スエ−ドはブラッシングで落とします。縫い目や細いところは入念に歯ブラシで除くようにします。自分で手におえない時はクリーニング店に相談してみましょう。

保管

革手袋は上質の革を使用していますので、無理にひっぱると型がくずれたり、破れたりします。丁寧に扱うことが肝要です。保管は高温多湿の場所を避け、ホコリや湿気を処理してから保管します。